• シミュレーター検索
  • お知らせ
  • タスクフォース
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 利用の手引き
  • スキルスラボ パンフレット
スキルスラボラトリー施設外での使用について
香川大学医学部 地域医療教育支援センター
地域医療教育支援センター
〒761-0793
香川県木田郡三木町池戸1750-1
TEL:087-891-2489(直通)
chce@med.kagawa-u.ac.jp
香川大学医学部
3Dプリンタに関する承諾書 バナー
臨床手技動画 Procedures CONSULT バナー

お知らせ

2016.07.04 腹腔鏡下縫合チャンピオン大会2016(U-1GP)が開催されました。

2015年7月4日午後17時30分より、スキルスラボラトリー3Fにて、泌尿器科教室主催の腹腔鏡下縫合チャンピオン大会2016が開催されました。
同大会は、6年生を対象とした縫合シュミレーター「I-SIM」による縫合手技を競う大会で、本年で3回目となります。

今年の参加者は男性8名、女子3名、総勢11名の6年生で、5年生のクリにカルクラークシップの成績優秀者を集めたトーナメント対戦方式です。
毎年、1名の優勝者には豪華な賞品が授与されるとのことで、参加学生は、トーナメントに向け、日夜研鑚を積んでいたようです。
当日男子1名が遅刻となりましたが、トーナメントでは、泌尿器科のDrが覆面参加されるなどの展開もあり、会場は非常に盛り上がりました。
今年も、激戦を制し、男子1名が見事に優勝されました。おめでとうございました。
決勝戦に遅れてきた男子も加わり、最後は優勝をかけて男子同士の戦いとなりました。見事トーナメントを制した男子学生は、ガッツポーズで喜びを表現していました。

恒例となったI-SIM選手権ですが、学生からこのような手技をシミュレーションし、習得しておくことは今後の医学にとって、非常に重要ポイントとなってきております。ぜひ、皆さんもこのようなイベントを活用してシミュレーター教育を体験してみてください。

  • 前のページに戻る